憧れの痩身ボディへ|口コミのいい脂肪吸引にチャレンジ!

大切なアフターケア

施術線

美容外科で脂肪吸引施術を受けたあとは、自分自身でしっかりとアフターケアを行うことが大切です。これを行わなければ、ダウンタイムの回復に時間がかかってしまったり、身体の組織に変化が出たりしてしまうことがあるため、確実に行うようにしましょう。

だれでも簡単にできるアフターケア法として、「施術を受けた部位の圧迫」というものが挙げられます。脂肪吸引の施術を受けたあとは、むくみや腫れなどの症状が現れることがあります。これらを早急に改善するためには、サポーターやストッキングなどを用いて圧迫することが大切です。このアフターケアを行えば、約2週間でむくみや腫れが解消されます。

脂肪吸引に欠かせない医療器具である「カニューレ」。これを挿入した箇所は、施術後に縫い合わされます。縫い合わせるのに使用した糸は、施術後に必ず抜糸する必要があります。これもアフターケアのひとつです。そのため、施術の日から数えて約1週間経ったら、施術を受けた美容外科で必ず抜糸してもらいましょう。
なかには、抜糸を必要としない、溶けるタイプの糸を使用している美容外科もあります。自分がどのような糸を使用しているのか、あらかじめ確認しておくことが大切です。

脂肪吸引の施術を受けると、皮下が固くなることがあります。これは「拘縮(こうしゅく)」と呼ばれる症状で、放っておくと皮膚の表面が凸凹になってしまう可能性があります。そのため、施術の日から数えて約1ヶ月経ったら、念入りにマッサージを行うようにしましょう。